顧洛水

顧洛水は落ち着いた色合いで女性美を繊細に描き、静かな画風でありながら人間の抱える苦悩や情念、情熱を探求し表現する。優雅な女性像と様々なモチーフを並行で構成された、多様な命を紡ぎ上げた。細密に描写した鹿、花、蝶、雲などのモチーフを生々しく配置し、生命の幽かな気の流れを予感させた。自然を構成する森羅万象の中に存在する秩序を抽出し、老荘思想の核になる概念を独自の感性で再構築する。風の動き、自然の音を感じさせながら、生命の流動性や時間の永続性を改めて問い直している。

作品イメージをクリックすると詳細ページに移動します。