宮岡貴泉

宮岡貴泉は素材を見極めた技法と様々なアプローチを試みた造形表現に取り組み、独自の手法でユニークな造形や感覚を取り入れた作品が国内外に高い評価を受けています。信仰を表現し、象徴的な特徴や形態は時代と共に変わっていく中で、偶像美術が現代でキャラクター文化に変化していきます。こういう視点から、宮岡貴泉が陶芸と現代の漫画やアニメのキャラクターを組み合わせた手法で作品を仕上げます。現代アートと社会はどのような関係づけられるのか考察を行っています。

Predominant theme of Takami Miyaoka’s work is a relationship between art and society - particularly, changing concept of idol art with the passage of time. 

Using form of pottery, he creates idols reinterpreted as a combination of contemporary cartoon and anime characters. His own methods and various approaches which are the consideration of art and society, have been highly acclaimed both in Japan and abroad. 

作品イメージをクリックすると詳細ページに移動します。