ABOUT THE SPACE



2017年夏、六本木に誕生した清アートスペース(KIYOSHI ART SPACE)はアジア美術を中心に様々なジャンルの企画展、イベントなどを開催し、アートの新たな可能性と地域との繋がりを広める活動していきます。一方、アーティストが活動を推進する機関でもあり、グローバル情報発信やアートと社会との繋がりを築くなど、若手新進アーティストの支援プロジェクトを実施しています。
2019 年12月より南青山に移転し、新しいスペースを構えた清アートは、複合型スタイルを取り組みながら、「アートは自由である」という主旨に沿って、個性豊かなアーティストたちの作品やアイデア、最大限に引き出せるような企画を目指しています。東京オリンピック・パラリンピックの開催に迎えた芸術・文化を発信し、更なる展開に向けて挑戦をスタートしています。


Located in Roppongi, KIYOSHI ART SPACE has held exhibitions and events in various genre, especially focusing on Asian art. They have been working to spread new possibilities of art, and making connections with local communities since the gallery opened in June 2017. At the same time, they have been functioning as an organization which support young artists. Aiming to connect art and the public, artist promotion and global information dissemination has also been taking part of their work.
KIYOSHI ART SPACE will re-locate in Minami-Aoyama from December 2019. Following the concept of ‘Art is freedom’, they will continue to present artists with unique ideas, while the space itself serves various functions. From now on, producing art and culture towards the Tokyo Olympics & Paralympics will be a new challenge for the crew.